スポーツ施設でのデジタルサイネージ活用|ブログ|株式会社クラウドポイント

ブログ 専門用語・ノウハウ

Blog

スポーツ施設でのデジタルサイネージ活用

2016.09

スポーツ × デジタルサイネージ

今回のテーマは、
「スポーツ×デジタルサイネージ」 です。

スポーツ施設での、デジタルサイネージ利用シーンには、以下のようなものがあります。

・ スタジアムの大型ビジョン
・ 総合スポーツ施設の案内版
・ シミュレーション機器

スタジアムの大型ビジョン

スポーツ観戦やライブで見たことのある人も多いかと思います。

ファインプレーやスコア表示のほか、
選手紹介や、応援メッセージなどを流す事もでき、
観客と選手の距離を縮める役割も果たしています。

総合スポーツ施設の案内版

総合スポーツ施設では、開催される大会・イベントのお知らせ、
館内図など、案内板として使われています。

シミュレーション機器

バッティングセンターやゴルフシミュレーションなど、バーチャル映像としての利用。

今回はこの、ゴルフシミュレーション×デジタルサイネージ」 の事例をご紹介します。
ちなみにサイネージに使用したのは、液晶モニタではありません。

当社製品のTANYO(タンヨー)という、
通電することで、透明と不透明に切り替わる
特殊な液晶フィルムを用いたサイネージです。

このフィルムは、電源をOFFにした不透明時は乳白色になるため、
プロジェクタで映像を投影できるという特徴があります。

通常はガラスに貼って、背面からプロジェクタで映像を投影しますが、
この事例ではミラーに貼って前面から投影しています。

スポーツ施設のゴルフシミュレーション事例

さらに詳細をお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせいただければと思います(笑)

このような体験型の「スポーツ×デジタルサイネージ」も、
2020年東京オリンピックに向けて
どんどん増えていくことでしょう。

お問い合わせ

  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145

PAGE TOP