ブログ

Blog

トヨタL&F ショールーム全体がサイネージ空間

2014.04

最近では、ショールームでのサイネージの
ご相談いただく機会も増えてきました。
今回は、そんな事例の紹介です。
フォークリフトや倉庫設備を取り扱われているトヨタL&F様です。

こちらの千葉県市川市にあるショールームの
デジタルサイネージ化をお手伝いさせていただきました。

 

(1)入り口ファサード部分※
プロジェクター2台を使った大型リアプロジェクションシステムを採用し、
ウエルカムムービーでお出迎え

 

(2)エントランス
プロジェクターによる映像投影で事業などの企業紹介ムービーを放映

 

(3)サイネージテーブル
備え付けのミニカーを所定の場所に置くと、
内蔵のICチップに反応してコンテンツが流れる仕組みに加えて、
画面をタッチパネル化し導入事例や企業紹介、
ミニゲーム・・・とコンテンツ盛りだくさん

 

(4)タッチパネルサイネージ
タッチパネルで企業の歴史や豆知識を閲覧

 

このようにサイネージを駆使することで、
コンテンツの更新などが簡単にできるようになり、
また情報の検索など双方向性のある展示となっております。
楽しみながら企業に対する理解を深め、
また、企業からのメッセージを効果的に発信するショールームが実現しました。

※ファサード【(フランス語)façade】:建物の正面をなす概観