コラム

Column

高輝度液晶ディスプレイについて

2020.09

今回は高輝度液晶ディスプレイについてご紹介いたします。
最近、屋内型の高輝度液晶ディスプレイを弊社でも取り扱うことが多くなってきました。

通常の液晶ディスプレイの輝度は約300cd~700cdですが、高輝度液晶ディスプレイの輝度は
1000cd~4000cdのラインアップがございます。

 

屋外でスマートフォンを見ると太陽の光で画面が見えないといったような経験をされたことはないでしょうか。
デジタルサイネージでも同様の事象が発生することがあります。
そこで、太陽光が差し込むような場所に液晶ディスプレイを設置したいというときに、
高輝度液晶ディスプレイが活躍します。
super bright
↓ 高輝度液晶ディスプレイについてはこちら
https://www.cloudpoint.co.jp/digitalsignage/superbright/

 

こちらは、商業施設内のショールームに設置した事例です。
太陽光が差し込む屋外に面した場所でも、高輝度液晶ディスプレイであれば高い視認性が見込めます。

レクサス南町田2
↓ 事例についてはこちら
https://www.cloudpoint.co.jp/case/case-200127/

 

次に、サイズのラインアップですが、32型・37型・42型・55型・65型・75型・85型・88型・100型と
多様なサイズに対応しています。
また特長として、
● 24時間連続稼働対応
● ライフタイム5万時間
● 低電力
● 高温対応LCDを採用

このように耐久性にも非常に優れています。

ぜひ、高輝度ディスプレイの導入をご検討いただけますと幸いです。
不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

よく見られる事例

よく見られるブログ

PAGE TOP