ブログ

Blog

センシングサイネージ最前線~触れない時代の新たな取り組みとは?~

2020.09

2020年8月27日㈭、クラウドポイント営業本部シニアプロデューサー 渡辺 剛仁講師により、
「新しい生活様式」に合わせたデジタルサイネージ活用法の第3弾として
『3都市の「今」を緊急調査!変わるデジタルサイネージ~これからの保守・メンテナンス方法~』と題し、
ウェビナー(オンラインセミナー)を開催いたしました。
多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

ウェビナー開催時はこのような形で弊社ショールームよりお届けしておりました。
実は毎回少しずつ配置を変え、一番良い形を模索しています。

16ac75b0-63f9-409c-a72f-cd81e76ccaca

 

それでは、今回のウェビナー内容を簡単にご紹介いたします。

 

7ff5d4c7-7279-40be-84e3-b974deef2e9b

 

【Part1】東京・大阪・福岡、変化するデジタルサイネージの活用状況

1

 

3都市の街頭・商業施設をターゲットとし、どのようなコンテンツが放映され、
どのように情報を提供しているのかという調査をいたしました。
Part1では調査結果と、それに基づいた考察をお届けいたしました。

①コンテンツの種類
②コンテンツのカテゴリー
③1コンテンツの表示秒数
④1周期の時間

 

【Part2】変わるデジタルサイネージ運用法2

 

新しい生活様式の中で、サイネージの役割の変化に伴い、
運用方法についての見直しをする時期に入っていると考えています。
そのためSTEP2では、新しく提供し始めた弊社サービスについてご紹介いたしました。

<Cloudpoint+のご提案>
Cloudpoint+は、ワンストップでバックアップするサイネージの新しいサービスです。
今回ご紹介させていただいたポイントはこちらです。

①運用の見直し → 業務フローの改善
運用代行を導入することでオンラインにあわせた働き方やコストの見直しが可能です。

②システムの見直し → システムの変更、コストの最適化
運用開始後もローカル仕様⇔クラウド仕様の変更が可能なCloudExa Prime Editioについてご紹介いたしました。

③コンテンツの見直し → クオリティの再構築、コンテンツの自動化
空間にあったサイネージテンプレートを選び、使用していただけるD-SLIDというサービスについてご紹介いたしました。

④マーケティング、分析 → サイネージの使い方の再構築
現状分析、見直し項目の棚卸、有事のマニュアル化、時期運用ガイドラインのご提案についてご紹介いたしました。

 

各サービスについての詳細ページはこちらよりご確認ください。

▼運用代行
https://www.cloudpoint.co.jp/digitalsignage/operation-agency/

▼CloudExa Prime Edition
https://www.cloudpoint.co.jp/digitalsignage/cloudexa/prime_edition/

▼サイネージ動画
https://www.cloudpoint.co.jp/digitalsignage/signage-movie/

 

ご興味がございましたらお問合せいただければと思います。

 

今回はご参加いただき誠にありがとうございました。
クラウドポイントは今後もお客様の導入イメージやご要望に合った様々なご提案をおこなって参ります。
引続きクラウドポイントをよろしくお願いいたします。

PAGE TOP