デジタルサイネージ専門映像制作

ロケーション・ハード機器・システム・運用を考慮した「サイネージ映像」をご提案します

pkg_standboard_signage01


目立つだけのビジュアルでは、相手に情報は伝わりません。視認性・可読性・視認秒数などを考えたサイネージ映像が必要です。

pkg_standboard_signage01
pkg_standboard_signage01
pkg_standboard_signage01


デジタルサイネージは機器やロケーションがそれぞれ違い、その場所に合わせた映像を空間の一部として考える必要があります。

pkg_standboard_signage01


サイネージはその施設から情報発信する「顔」となるツールです。内容とともにデザインも多くの人に見られます。

pkg_standboard_signage01

映像制作フロー

pkg_standboard_signage01

Step 1

お客様と打合せを行い映像の企画を検討します。

Step 2

映像の流れを検討し構成を組み立てます。
概略イメージが分かる様に絵コンテとしておこします。

Step 3

映像素材を撮影します。
先方との日程調整・当日の撮影スケジュールなど様々な段取りを経て実施します。

Step 4

アプリケーションで撮影データとCGを組み合わせ映像制作をおこないます。

Step 5

ナレーション収録・BGM・効果音など映像と音を合わせる作業をおこないます。

Step 6

データにて納品。

サイネージ映像 カテゴリー

pkg_standboard_signage01

デジタルサイネージ映像は、
デジタルサイネージ専門の映像制作ノウハウが必要です。

定期コンテンツ

ネットワーク配信により定期的に更新される「定期コンテンツ」も取り扱っております。

ニュース
pkg_standboard_signage01
天気予報
pkg_standboard_signage01
占い情報
pkg_standboard_signage01
生活情報
pkg_standboard_signage01
お問い合わせ