デジタルサイネージ専門動画制作

ロケーション・ハード機器・システム・運用を考慮した「サイネージ動画」をご提案します

サイネージ動画制作のポイント

① 目立つだけではなく伝わる動画を

目立つだけのビジュアルでは、相手に情報は伝わりません。視認性・可読性・視認秒数などを考えたサイネージ動画が必要です。
 

② その場所に合わせた空間演出

機器やロケーションがそれぞれ違うので、その場所に合わせた動画を空間の一部として考える必要があります。
 

③ ブランディングとして
ハイクオリティな動画

内容とともにデザインも多くの人に見られるため、その施設から情報発信する「顔」となるツールである必要があります。
 

事例

全日本空輸株式会社

搭乗ゲート案内

空港で搭乗する際の通過方法をパターン別に放映し、誰もが分かりやすく伝わりやすい表現で制作しました。

神戸市役所

ヒストリー動画

神戸港150年の歴史を、CGアニメーションを用いて美しく壮大なスケールで描きました。

JIG-SAW株式会社

ブランディング

「JIG-SAW」の事業イメージを伝えるブランディング動画のひとつとして制作しました。

阪急電鉄株式会社

施設案内

レゴ社監修のもと、環境デザインに合わせて企画構成から映像制作しております。BGMに合わせたポップな演出で制作しました。

富士通株式会社

商品案内

災害対策として企業が取り組む「事業継続計画」を支援するサービス、細かなサービスをピクトを使い分かりやすく説明しました。

株式会社東京証券取引所

ヒストリー動画

江戸~明治~現代にかけての施設の変遷と関連事象とを、ドラマチックにまとめた3分間の歴史紹介動画です。

動画制作フロー

pkg_standboard_signage01

Step 1

お客様と打合せを行い動画の企画を検討します。

Step 2

動画の流れを検討し構成を組み立てます。
概略イメージが分かる様に絵コンテとしておこします。

Step 3

動画素材を撮影します。
先方との日程調整・当日の撮影スケジュールなど様々な段取りを経て実施します。

Step 4

アプリケーションで撮影データとCGを組み合わせ動画制作をおこないます。

Step 5

ナレーション収録・BGM・効果音など動画と音を合わせる作業をおこないます。

Step 6

データにて納品。

サイネージ動画 カテゴリー

カテゴリー総監

デジタルサイネージ動画は、
デジタルサイネージ専門の動画制作ノウハウが必要です。

定期コンテンツ

ネットワーク配信により定期的に更新される「定期コンテンツ」も取り扱っております。

ニュース
pkg_standboard_signage01
天気予報
pkg_standboard_signage01
占い情報
pkg_standboard_signage01
生活情報
pkg_standboard_signage01
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×

PAGE TOP