バナナリパブリック六本木店~ サイネージの広告価値とは~|ブログ|株式会社クラウドポイント

ブログ 事例 専門用語・ノウハウ

Blog

バナナリパブリック六本木店~ サイネージの広告価値とは~

2013.11

六本木ヒルズに行ったことのある方なら、
ノースタワー1・2階のアパレル店「バナナリパブリック」を
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
今回は、このお店のファサード※への
デジタルサイネージ導入をお手伝いしました。

What's Digital Signage ?!

 

ショーウィンドウ上部のガラス面には、
季節に合わせた映像が流れ、
店舗前のツリーと一緒にXmas気分を盛り上げます。
こちらは期間限定12月25日までご覧になれます。
What's Digital Signage ?!

 

ところでデジタルサイネージというと、
“電子看板”と訳される機会も多いのですが、
これだけ好ロケーション店舗の場合、
広告価値もぐっと高まります。
六本木交差点付近には、屋外広告が数多く見られ、
LEDビジョンも存在します。
屋外広告は、「OOH (Out Of Homemedia)」と呼ばれ
広告マーケットの一角を占めており、広告代理店を通じて
年間契約などで販売される広告メディアなので、
当然広告料金が設定されています。
これらの広告料金は年間で数百万円、
中には数千万円もするものもあります。
つまり…立地の良い店舗のファサードは、
これらの屋外広告に匹敵する広告価値を有しているわけですね。

 

さらに広告料金VSデジタルサイネージ化費用で比較すると、
サイネージ化費用の方がコストパフォーマンスは良い、
というケースも少なくないのです。
店舗をお持ちのオーナー様は、
一度近隣の広告料金をお調べになってみてはいかがでしょうか。

 

※ファサード【(フランス語)façade】:建物の正面をなす概観

 

  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145

PAGE TOP