株式会社クラウドポイント Cloudpoint Inc.

CloudExa(クラウドエクサ)-Full Editon(フル版) スケジュール作成-

東京:03-5468-0700大阪:06-7711-3588

お問い合わせ

東京:03-5468-0700
大阪:06-7711-3588

TOPページへ

CloudExa(クラウドエクサ)-Full Editon(フル版) スケジュール作成-

スケジュール作成機能

スケジュール作成は、1日の放映時間割を決める「タイムテーブル編集」機能と、カレンダー上にタイムテーブルを割り当てる「スケジュール作成」機能があります。
スケジュール作成は、タイムテーブルを作成したい日付を選択して、画面中央に表示されるタイムテーブル編集部分に、番組リストから目的の番組をドラッグ&ドロップする簡単な操作で行えます。
日付の移動はカレンダー上の日をクリックするだけなので、数ヶ月間のスケジュールを日付を前後しながら編成するような場合でも非常にスピーディーに行うことができます。
同じ内容のタイムテーブルを、他の日付にコピーしたり、ひな形(マスタータイムテーブル)に保存して、別のスケジュールファイルへ流用したりすることもできますので、細やかなスケジュールも短時間で作成することが可能です。
また、タイムテーブルに登録した番組を再編集する必要が生じた場合も、その番組を選択して番組作成画面を直接呼び出すことができますので、素早くに前工程に戻ることが可能です。

スケジュール作成機能

スケジュール作成をする作業を効率良く行うための、様々な便利機能が用意されています。

タイムテーブルコピー機能>作成したタイムテーブルを別の日付にも適用(コピー)できます。マウスでコピー元のタイムテーブルを選択し、別の日付へドラッグ&ドロップするだけです。

コピー&ペースト機能>作成したタイムテーブルを他の複数の日付へ一括で適用することができます。コピー元のタイムテーブルを選択し「コピー」ボタンを押した後、適用したい日付をチェックして、「ペースト」ボタンを押せば完了です。

デフォルト番組設定機能>あらかじめ「デフォルト番組」を設定しておくことで、タイムテーブルを登録できていない日付に、自動的にその番組が放映されるようにできます。同じ番組を終日放映することが多い場合やスケジュールの設定忘れにより、何も放映されていない状況を回避したい場合などで便利な機能です。

マスタータイムテーブル機能

作成済みのタイムテーブルをひな形データ「マスタータイムテーブル」として保存することができます。
マスタータイムテーブルは、挿入機能を使用して、指定した期間に「毎日」「曜日指定」「日付け指定」の条件で、一括挿入できます。タイムテーブルの設定作業の時間短縮や、別のスケジュールファイルに流用する目的で使用できる便利な機能になります。

お電話でのお問い合わせはこちら 東京03-5468-0700 大阪06-7711-3588 お問い合わせフォーム
pagetop