株式会社クラウドポイント Cloudpoint Inc.

CloudExa(クラウドエクサ)-プレイヤー-

東京:03-5468-0700大阪:06-7711-3588

お問い合わせ

東京:03-5468-0700
大阪:06-7711-3588

TOPページへ

CloudExa(クラウドエクサ)-プレイヤー-

放映端末(STB)

小型の放映端末で、様々なロケーションに導入可能!

放映端末(型番:PE-151HD)は、CDケース3枚分とほぼ同サイズの小型端末です。重量も750gと軽量で、消費電力も24Wになっています。そのため設置場所の制約が少なく、様々なデジタルサイネージ用途でご利用いただけます。
記録メディアには、SDカードを採用しているのでHDD搭載端末に比べて故障率が低く、万一メディアが破損した場合でもSDカードの交換作業のみで復旧させることができます。
※CloudExa Lite Editionをご利用いただく場合は、こちらの放映端末(PE-151HD)が必要になります。

放映端末:PE-151HD スペック

サイズ(幅)13.9cm(高)3.0cm
(奥行)14.0cm
重量750g
消費電力24W
オーディオ出力ステレオ(HDMI端子/AVミニジャック)
映像出力アナログAV出力(コンポジット映像出力)、HDMI出力(HDMI1.2a準拠)、
VGA出力(ミニD-sub15ピン)
出力解像度1920×1080(1080p、1080i)、1280×720(720p)、720×480(480p)
LANEthernetポート(10BASE-T/100BASE-T)
無線LAN(IEEE802.11b/g)
USBUSB2.0
記録メディアSDHCカード
その他シリアル端子(ミニDin9ピン)
付属品ACアダプター、電源ケーブル
SDカードスロットカバー
SDHCカード(8GB)

放映端末(STB)

Full Edition対応の新型放映端末

放映端末(型番:PE-151HD)から、さらに軽量化・低消費電力化し、「通信挙動」と「連続放映」の性能を強化したものが、新型の放映端末(型番:CE-PLX)です。
ハードウェアおよびファームウェアを再設計し、多くの新機能を実装しました。また、様々なロケーションで使用されることを想定しており、低速な通信環境においても、安定した放映が行えるようになっています。
放映端末に送信されるコンテンツデータは、オリジナルのデータフォーマットを採用。放映端末に最適化されたデータを配信することで、放映処理の負荷を抑えられ、24時間の継続放映スムーズな再生挙動を実現しました。
遠隔監視を行う上で重要な各種ログの送信機能も強化し、通信が一時的に切断された場合でも、ログを欠落させることなくサーバへ送信できるようになっています。
※CloudExa Full Editionをご利用いただく場合は、こちらの放映端末(CE-PLX)が必要になります。

放映端末:CE-PLX スペック

サイズ(幅)15.5cm(高)3.2cm
(奥行)12.0cm
重量260g
消費電力7.5W
オーディオ出力ステレオ(HDMI端子/AVミニジャック)
映像出力HDMI端子(HDMI1.4b認証)
出力解像度1920×1080、1280×720、1600×1024、1360×768、1280×1024、1280×768、1024×768
LANEthernetポート
(100BASE-TX/1000BASE-T)
無線LAN
(IEEE802.11b/g/n)
USBUSB2.0
記録メディアmicro SDHCカード
その他EJECT/OFFボタン
LEDインジケータ
(SYSTEM/USB/WLAN/CLOUD)
付属品ACアダプター、電源ケーブル
microSDカードスロットカバー
microSDHCカード(8GB)
お電話でのお問い合わせはこちら 東京03-5468-0700 大阪06-7711-3588 お問い合わせフォーム
pagetop