CloudExa(クラウドエクサ)の特長

告知映像をインターネット 経由で遠隔更新可能 いつでもどこでも、手軽に、 デジタルサイネージを運用!

CloudExa(クラウドエクサ)とは

クラウドサービスでデジタルサイネージの映像配信・管理環境を提供します。

CloudExa(クラウドエクサ)は、専用の配信管理アプリケーションを介して、インターネット上に設けられたCloudExaサーバにアクセスし、映像素材のアップロードや放映スケジュールの編成、放映端末への遠隔配信・監視操作が行えるデジタルサイネージシステムです。
月額課金によるクラウド型サービスですので、利用者が自社内にサーバ構築をする必要がなく、サーバの維持管理の必要もありません。安価な初期コストで、手軽に安定したデジタルサイネージシステムの導入が可能です。インターネットに接続可能な、Windows PCさえあれば、どこからでも配信作業を行えます。

CloudExaの特長

いつでもどこでも、コンテンツ更新が可能

クラウドサービスによる映像配信環境をご提供します。

多額のシステム導入コストをかけずに、インターネット経由で、遠隔地の放映拠点にコンテンツ配信が可能です。
また即時配信機能を搭載しており、緊急性の高い情報更新や異常発生時の再送信を必要とする場合にも対応可能です。
※インターネット接続環境に、グローバル固定IPアドレスをご用意いただく必要はありません。

システムの説明図

PC操作に不慣れな方でも、簡単操作でご利用可能

CloudExaは、運用環境をWindowsアプリケーションで、ご提供します。

配信管理アプリケーションを介して、CloudExaサーバにログインすることで、デジタルサイネージ運用に必要な様々な機能をご利用いただけます。

ログインアカウントは利用者(企業)単位で発行されますので、インターネットへの接続環境さえあれば、どこからでもログインして操作することが可能です。
配信管理アプリケーションを利用するPCを変更したり、操作するロケーションが変わっても問題ありません。

コンテンツデータやスケジュールデータは、すべてCloudExaサーバ上に保存されていますので、配信管理アプリケーションを使用するPCのストレージ容量を圧迫することはありません。
また、配信管理アプリケーションをインストールできるPC数の制限を設けていませんので、放映ロケーションごとや作業フローなどで担当者を分けた運用をすることも可能です。

コンテンツ管理・スケジュール作成が、直感的な操作で行えます。

CloudExa(クラウドエクサ)は、配信管理アプリケーションを利用して、簡単にコンテンツ管理やスケジュール作成が行えるデジタルサイネージシステムです。
多くの操作にマウス操作のみで完了できる機能を実装しているため、クリックやドラッグ&ドロップ操作で素早く簡単に作業することができます。

操作フロー

効率的な自動配信が行われます。

放映端末への配信操作は難しくありません。各端末に放映したいスケジュールを割り当てておくだけで、必要な放映データをサーバから自動ダウンロードします。
この配信挙動は放映当日の数日前から行われますので、余裕のある日程でスケジュール更新操作を行うことで、確実に配信を完了させることができます。また、数週間先のスケジュールが設定されていても、放映予定日が近ずいてからダウンロードされる仕組みになっていますので、効率的で無駄の少ない配信挙動になっています。
放映は、放映端末に保存されたデータを用いて行うため、事前の配信が完了できてさえいれば、ネットワーク回線の影響を受けずに、安定した連続放映が可能です。

放映端末の稼働状態を、ひと目で確認できます。

放映端末の稼働状態は、色分けにて確認できますので、ひと目で正常稼働しているかを判断できます。また、放映端末から通信ログ・放映ログが自動送信されますので、より詳細な状況確認も可能です。

Food & Restraurants

「Full Edition」「Aero Edition」スペック比較

Full Edition配信管理アプリケーション 動作環境
対応OS Microsoft Windows 7 、8、8.1、10(日本語版)
解像度 デスクトップサイズ 1280 x 768 ピクセル以上
メモリ 1GB(2GB 以上推奨)
記憶領域 10GB 以上の空き容量
その他 必要条件 Microsoft .NET Framework 4.6
Windows Media Player
動画再生に必要なコーデック(動画のプレビュー時に必要)
インターネット接続環境
対応 フォーマット
動画 WMV、H.264/MPEG4 AVC
静止画 JPEG、 BMP、PNG
音声 WAV、WMA、MP3、AAC
Aero Edition 配信管理アプリケーション 動作環境
対応OS Microsoft Windows 10(日本語版)
解像度 デスクトップサイズ 1280 x 768 ピクセル以上
メモリ 1GB(2GB 以上推奨)
記憶領域 10GB 以上の空き容量
その他 必要条件 Microsoft .NET Framework 4.6
Windows Media Player
動画再生に必要なコーデック(動画のプレビュー時に必要)
インターネット接続環境
対応 フォーマット 動画 WMV、H.264/MPEG4 AVC
静止画 JPEG、PNG
上記形式の、1920×1080 または 1080×1920 のデータに対応
専用放映端末 STB(型番:CE-PLX)スペック
外形寸法 (幅)155mm x (高さ)32mm x (奥行)120mm ※1
消費電力 7.5W
本体重量 260g
動作温度・湿度 5°C ~ 35°C、20%~90%RH(結露なきこと)
出力 ビデオ出力 HDMI (1.4b 認証) 1920×1080(1080p)、1280×720(720p)、1600×1024(WSXGA)、1360×768(FWXGA)、1280×1024(SXGA)、1280×768(WXGA) 1024×768(XGA)
オーディオ出力 HDMI /φ35mmステレオミニジャック ステレオ 2ch
インター フェース USB USB2.0
LAN 100BASE-TX / 1000BASE-T
インターネット接続 有線 LAN(DHCP、固定 IP)、無線 LAN(IEEE802.11b/g/n)
記憶メディア microSDHC カード
付属品 AC アダプター・microSDHC カード(8GB)・カードスロットカバー
(※1)ゴム足・アンテナ部含まず
Aero Edition 放映端末 PC(型番:Endeavor JS40)スペック
外形寸法 (幅)150mm x (高さ)33mm x (奥行)150mm
消費電力 最大定格出力時 約 74W(理論値)/ 通常運用時 約 30W
本体重量 700g(AC アダプタ除く)
動作温度・湿度 0°C ~ 40°C、20%~80%RH(結露なきこと)
出力 ビデオ出力 HDMI 1920×1080
VGA (miniD-sub) 1920×1080
オーディオ出力 ヘッドホン・ヘッドホンマイク共用入出力 ×1
インター フェース USB USB3.0 x4、USB2.0 x1
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
インターネット接続 有線 LAN(DHCP、固定 IP)、無線 LAN(IEEE802.11ac/a/b/g/n)
搭載 OS Windows10 IoT Enterprise/64bit
CPU インテル® Core™ i3 プロセッサー
ストレージ SSD:128GB(ユーザ使用可能領域 64GB)
(※2) 放映端末 PC は、発注時期や運用要件により異なるスペックの端末に代わる場合があります。

ご活用例

飲食

デジタルサイネージの多店舗展開~サーティワンアイスクリーム~

店舗入口に、天吊り設置の横4面マルチディスプレイデジタルサイネージを納品いたしました。
プロモーションムービーや定番メニュー、季節のおすすめフレーバーの商品情報などを放映しています。
CloudExa(クラウドエクサ)の同期放映機能によってディスプレイ個々での放映と、複数面つなげた放映の両パターンでの表示が可能です。

ホテル

心地よい空間に合わせ サイネージ機器・システム選定 コンテンツ制作まで トータルサポート

2019年3月 静岡県熱海市にオープンした、ホテル/スパ/フードマーケットの複合型リゾート『 ATAMI BAY RESORT KORAKUEN 』内にある 日帰り温泉施設オーシャンスパ Fuua(フーア)にCloudExa (クラウドエクサ) を導入させて頂きました。機器、システムに加え、動画やテンプレートなどコンテンツの制作までお任せ頂きました。
また、ロウリュコーナーのラウンジに設置したサイネージでは、タブレットを操作でコンテンツの割込み再生ができるCloudExaの機能を活用しており、スタッフの説明と合わせて、ロウリュについての説明アニメーションを流すことができます。

オフィス

施設館内21か所にデジタルサイネージを導入 テナント・施設側の課題をスマートに改善!

メインエントランスをはじめ、館内各所にデジタルサイネージを導入いたしました。
コンテンツ更新作業の簡素化により、テナント・施設側の労働時短を実現。
また、有事に速やかな情報を掲載できるメディアとしても活用することができます。

交通

岩国錦帯橋空港 到着案内サイネージ

デジタルサイネージを活用した、空港利用者向けの到着案内サイネージとフライトインフォメーションシステムです。
手荷物検査場・搭乗口・到着口に52型液晶ディスプレイを設置。
放映はCloudExa (クラウドエクサ) を導入し、情報枠と広告枠を設け、効率的な情報配信を可能にしました。
また、時刻を入力するアプリケーションを連動したフライトインフォメーション表示システムを独自で開発しております。
定期的なフライト情報や欠航・遅延などの突発的な変更情報等、空港スタッフの方でも簡単に操作・配信できる仕様になっており、空港には欠かせない情報表示面として利用されています。

施設共有部

地下街利用者 最大約15万人にアプローチ 柱巻き52面のサイネージで東京駅 八重洲地下街をジャック!

東京駅 八重洲地下街の主要なユーザー導線「メイン・アベニュー」に広告媒体販売を目的とした、
柱13本計52面・壁面に70型のデジタルサイネージを導入いたしました。
CloudExa (クラウドエクサ) の導入により、いつでもどこでもコンテンツの更新が可能。
自社広告としてだけでなく第三者広告としても幅広く活用いただけます。

  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×

PAGE TOP