ブログ 専門用語・ノウハウ

Blog

イーゼル型デジタルサイネージ

2017.05

みなさん、こんにちは。
本日はイーゼル型デジタルサイネージについてご紹介をさせていただきます。

そもそもイーゼルとは何でしょうか。
イーゼルは、もともと絵画でカンバスなどを載せるために用いるものですが、
店頭販促にて、ポスターパネルを掲出する際にも良く使われています。

※イメージ図

blog170512-02
blog170512-01

 最近ではデジタルサイネージ用途を想定した、イーゼル型のディスプレイスタンドが商品化されており、各種液晶ディスプレイと組み合わせた、イーゼル型サイネージをよく見かけるようになりました。

理由は、イーゼル型サイネージはスタンドの構造がシンプルなことと、簡単な映像放映であれば液晶ディスプレイに内蔵されたプレーヤで行えることから、導入費用が比較的安価なためです。
そのためサイネージを検討しているお客様の多くは、ますは、イーゼル型サイネージでの運用を試し、デジタルサイネージの有用性を検証していただくことも多くなっています。

注意点としては、基本的に屋内設置想定の製品であるため、屋外での運用には適しておりません。(ディスプレイの輝度が足りない、防塵防滴対応していない)

blog170512-00

 イーゼル型サイネージは、機能が異なる複数の製品が、各メーカーからリリースされていますので、製品選定にお悩みの際はクラウドポイントにご相談ください。

お問い合わせ

  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145

PAGE TOP