検索メニュー

事例

Case example
  • EYEVAN 7285 TOKYO_01
  • EYEVAN 7285 TOKYO_03
  • EYEVAN 7285 TOKYO_03
  • EYEVAN 7285 TOKYO_01
  • EYEVAN 7285 TOKYO_03
  • EYEVAN 7285 TOKYO_03
使用製品

TANYO

クライアント

オプテックヴィジョン株式会社 様

所在地

東京都港区 EYEVAN 7285 TOKYO

その他機材

スタンドアローン型配信システム
短焦点プロジェクター

路面店ファサードのウィンドウでブランディングムービーを放映

2018.03

2017年3月10日にオープンしたアイウェアブランドの旗艦店「EYEVAN 7285 TOKYO」様の2階ガラス面に、
瞬間調光フィルム「TANYO(タンヨー)」と 短焦点プロジェクター3台 で構成したデジタルサイネージを導入しました。
2階のガラス面ほぼ全体にTANYOを貼付しており、昼間は透明状態で窓ガラスとして、
夜間は乳白に切り替えて投影用スクリーンとして使用しています。
表参道の骨董通りという立地にふさわしいハイセンスな動画が、店舗やブランドをより魅力的に演出しています。
液晶ディスプレイよりも省スペースで設置できて内装イメージを損ねず、かつ昼には窓から外が見えるため、広々とした印象の店内となっています。