ブログ

Blog

駅でのデジタルサイネージ活用

2016.09

デジタルサイネージとは?

屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するシステムを総称して 「デジタルサイネージ」と呼びます。
ディスプレイ機器の発達、IPネットワークや近距離通信の普及も伴って、施設の利用者・往来者に深く届く、新しい広告/コンテンツ市場が形成されています。

参照:一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム 

駅でのデジタルサイネージ

1.広告メディアとしての活用

「一カ月間まったく駅は利用しません」という人は、数えるほどしかいないと思います。
駅は、どんな職種・年齢であっても、ほとんどの方が身近な場所ですよね。

駅の中は、様々な情報で溢れています。中でもデジタルサイネージは、映像を工夫したりすることで目に入りやすくなるので、自然に情報を得ている印象があるのではないでしょうか?。

利用者の多さや、利用頻度を考えると駅でのデジタルサイネージ広告の効果は、非常に大きいと考えられます。そのため、交通広告と呼ばれる交通施設内の広告メディアは、主要都市を中心にデジタルサイネージ化が非常に進んでおり、大型化、多面化している傾向があります。

駅施設への導入事例

駅施設への導入事例紹介はこちらから

2.案内板の電子化としての活用

1つの板面で、1つの情報だけしか掲出できない従来の案内板と違い、デジタルサイネージを導入することで、1つの面で様々な情報を案内することができます。
空間の有効活用という点でも、デジタルサイネージは期待されています。

様々な内容の情報が案内できるということで、駅構内や周辺地図を掲示して利便性を高めたり、これまでスペースの問題で小さな文字でしか案内できなかった情報も、情報を複数枚分けることで、大きな文字で表示できるようになります。
また、商業施設が隣接する駅では、施設の認知度UPや、イベント・セール告知なども表示しています。

クラウドポイントではCloudExa(クラウドエクサ)という映像配信システムをクラウドサービスで提供しています。
インターネットに接続可能な、Windows PCで、どこからでも配信操作や放映確認が行えるサービスで、本格的なデジタルサイネージ管理システムが手軽に運用できます。インターネットで遠隔の複数のディスプレイを制御できるということで、人手不足の解消にも一役買っているケースも出てきました。
ぜひチェックしてみてください。

CloudExa紹介ページはこちら

また、タッチパネルやセンサーデバイスを組み込み、タッチ検索やおすすめ情報案内など、インタラクティブな情報閲覧を可能にするシステムでの導入事例も増えています。
デジタルサイネージの利用用途は広がるばかりです。

案内板の電子化としての活用

詳しい導入事例はこちらから

3.時刻表としての活用

出発時刻や行先などを表示する時刻表も、デジタルサイネージ化が進んでいます。
デジタルサイネージの配信サーバと時刻表を管理しているサーバが、データ連携することで、リアルタイムな情報を表示することができます。
必要なタイミングで、必要なコンテンツが流せるというデジタルサイネージのメリットを活かした活用方法だと思います。
また、画面を分割することで、注意事項や告知事項などの情報を、時刻表と同時に表示することもできますので、前述の案内板としての役割も併せ持つことができます。

時刻表としての活用

詳しい導入事例はこちらから

※写真は空港の事例

まとめ

本日は「駅」に絞ってデジタルサイネージの活用方法をご案内致しましたがいかがでしたか。
用途に合わせて、自在に活用できるデジタルサイネージは、とても魅力的に感じていただけたのではないでしょうか?

デジタルサイネージについて何かご不明な点がございましたら
いつでもクラウドポイントにお問い合わせください。

お問い合わせ