コラム

Column

有機ELについて

2020.08

皆さん、有機ELをご存知でしょうか。
最近では家電量販店でも有機ELテレビが販売されているのをよく見かけます。
ぱっと見た際、他の液晶ディスプレイとの違いとして、とにかく画質が良い、綺麗という点です。
今回は、その「有機EL」についてご紹介いたします。

液晶ディスプレイstep2

有機ELとは?
有機エレクトロルミッセンスの略称です。
通常の液晶ディスプレイとは異なり、有機物を発光されているので、バックライトがありません。有機ELは自発光のディスプレイです。
そんな有機ELのメリット、デメリットは次の通りです。

メリット
【1】画質が良い
素子自体が一つ一つ発光しているので、とにかく画質が良いです。
コントラストの表現が良く、黒の表現性が高いです。
液晶ディスプレイと比べても画質の良さは一目瞭然です。

【2】厚みが薄い
液晶ディスプレイに比べ、非常に厚みが薄いです。そのため軽量で、通常の液晶ディスプレイが設置できないような場所への設置も可能です。

【3】湾曲加工が可能
本コラム内の写真のように、有機ELは湾曲加工が可能です。
湾曲加工をすることで、液晶ディスプレイの平面では表現できない、モニュメントのような形でサイネージの演出が可能になります。

デメリット
【1】価格が高い
液晶ディスプレイに比べ、価格が高いことがデメリットとして挙げられます。とはいえ、価格は安価になってきています。
いつか有機ELテレビが一般的になる日も近いかもしれません。

【2】寿命が短い
有機ELの寿命は液晶ディスプレイの半分以下です。寿命は3万時間前後と言われています。
デメリットとはいえ、家庭で使用するなら特に問題ない数字でしょう。

【3】輝度が低い
有機ELはバックライトを持たないため、最高輝度が液晶ディスプレイと比べて低くなることが多いです。
ただし、こちらも屋内で太陽光が当たらない場所で使用する限りであれば特に問題ないでしょう。

 

以上、有機ELの簡単なご紹介でした。
軽量で、薄型で、画質の良い有機EL。今後の進化に目が離せません。

PAGE TOP