コンテンツについて

デジタルサイネージの活用方法

情報発信・インフォメーション

ユーザーの利便性、安全配慮などを意識した、各種ガイド・サイン・注意喚起等、設置ロケーションに応じたコンテンツ

販売促進・来店促進

店舗情報・商品告知・セールなど、集客や売上に直結するコンテンツ

空間演出・ブランディング

空間演出・ブランディング

広告

デジタルサイネージを(有料)メディア化して、視聴者への商品・企業の宣伝を行う

デジタルサイネージ×最新テクノロジー連携

デジタルサイネージシステムを最新テクノロジーと連携することで様々な情報発信が可能になります。
デジタルサイネージ用のシステムの多くは、コンテンツ等の放映データを端末(プレーヤ)にダウンロードさせて行います。
放映データがダウンロードできてさえいれば、放映中にネットワークが途切れたとしても、影響を受けることなく放映を継続できることが基本となりますが、ネットワークの 安定供給が見込める昨今では、センサー・IoT機器・Web(HTML)等との連携を拡充させることで、視聴者に合わせたリアルタイムな情報を自動発信することができます。

PAGE TOP