瞬間調光フィルム TANYO(タンヨー)の特長

空間を自由に演出できる液晶フィルム
デジタルサイネージにもご利用いただけます。

通電切り替えで多岐にわたる利用が可能

電源ONで瞬時に白色が透明になり、スマートにプライバシー確保。

瞬間調光フィルム「TANYO」は、通常淡い光を通す乳白色の状態ですが、通電すると透明に変化する機能性液晶を使用し、様々な空間の演出を可能にします。
オフィスをはじめ、工場・店舗・医療機関・住宅など様々な分野で液晶ブラインドとして導入されています。

映像照射用スクリーンとしてデジタルサイネージにも

プロジェクターから映像を投影する事により、デジタルサイネージや自由な表現が可能です。
複数台のプロジェクターをシステムで連携(ブレンディング)することにより、大型スクリーンとして使用することもできます。
広告・販促に安価で大きなデジタルサイネージとして活用ができるなど、アイデア次第で表現・用途は広がります。

お手持ちのプロジェクターと組み合わせて、
映像照射用のスクリーンとしても活用できます。

R曲面への施工や、デザインカット加工にも対応

「貼る」タイプは「合わせガラス」タイプでは実現できなかったR曲面に設置が可能です。
また、さまざまな形にカット加工して、デザイン性の高い空間を演出することができますので、R曲面に沿ったスマートな液晶ブラインドとしてお使い頂けます。

ラインアップ

従来の瞬間調光ガラスと同様の「合わせガラスタイプ」と、ローコストかつ既存設備にも導入可能な「貼るタイプ」の2つのラインアップからお選びいただけます。

TANYO「貼る」タイプ

最大サイズ:W1,200×H3,400 の大判にも対応しております

TANYO-White TANYO-Gray

「貼る」タイプ

従来、瞬間調光フィルムは合わせガラスタイプのみで使用されていました。ガラス代・運搬費・工事費、どれをとってもコストが高くなってましたが、貼るタイプは既存のガラスに貼るだけ。ローコストで実現可能で、工期も大幅に削減でき、より導入しやすくなっています。
また、R曲面への施工も可能となっております。

白とグレーの2色をご用意しております。

TANYO「合わせガラス」タイプ

耐久面・衛生面抜群

TANYO-White

「合わせガラス」タイプ

ガラスによりTANYOフィルムが保護されるため、傷や強い衝撃等を受けにくくなります。

「合わせガラス」タイプは、TANYO-Whiteのみの取り扱いとなっております。

導入までの流れ

TANYO(タンヨー)に関してお問い合わせをいただいてから実際に導入するまでの流れをご紹介いたします。

各フェーズにおいて、クラウドポイントが正確なサポートを行います。

電気部材として機器への組込み、量産もご提案ができますので別途ご相談下さいませ。

※1 プロジェクターを設置すれば映像スクリーンになります。
※2 特殊フィルムを重ね貼りすればホワイトボードとして活用できます。

  お問い合わせフォーム
  03-5468-0925
  お問い合わせフォーム
  03-5468-0925
×

PAGE TOP