デジタルサイネージとは?

屋外広告・店舗内外・公共施設・交通機関など、様々な場所で、ネットワークに接続したディスプレイなどの電子的な表示機器を活用し情報を配信するシステムを総称して「デジタルサイネージ」と呼びます。

ディスプレイのコストダウン、デジタルネットワークや無線LANなどインフラの普及に伴い、施設の利用者・生活者に広く深く届く新たなコンテンツ市場が形成されてきています。

「デジタルサイネージ」は新しいメディアとして確立しています。

生活者の身の回りには、すでに多くの場所で様々なディスプレイや表示機器が設置され、様々な情報が提供されています。街頭の大型ビジョンや駅ビル、交通機関、空港、ショッピングモールはもちろん、エレベーターや小型店舗、大学、ホテル、病院などにもデジタルサイネージは急速に広まっています。

つまり、電子看板という概念での「屋外の大型画面による広告」にとどまらない、多様な可能性が、デジタルサイネージにはあるのです。屋内でも屋外でも、表示システムの大小に関わらず、コンテンツが広告でなくても、様々な場所、機器、情報がデジタルでつながって流れる、そうしたトータルな環境を称する概念なのです。