株式会社クラウドポイント Cloudpoint Inc.

CloudExa(クラウドエクサ)の特長

東京:03-5468-0700大阪:06-7711-3588

お問い合わせ

東京:03-5468-0700
大阪:06-7711-3588

TOPページへ

CloudExa(クラウドエクサ)の特長

いつでもどこでも、コンテンツ更新が可能

クラウドサービスによる映像配信環境をご提供します。
多額のシステム導入コストをかけずに、インターネット経由で、遠隔地の放映拠点にコンテンツ配信が可能です。
また即時配信機能を搭載しており、緊急性の高い情報更新や異常発生時の再送信を必要とする場合にも対応可能です。
※インターネット接続環境に、グローバル固定IPアドレスをご用意いただく必要はありません。

システムの説明図

いつでもどこでも、コンテンツ更新が可能

CloudExaは、運用方法・運用規模により、選択いただける複数のEditionをご用意しています。
大規模運用に対応し、遠隔監視機能が豊富な「CloudExa Full Edition
配信操作が簡略化され、手軽な運用が可能な「CloudExa Lite Edition
を選択いただけます。

  • CloudExa Full Edition(フル版)について
  • CloudExa Lite Edition(ライト版)について

PC操作に不慣れな方でも、簡単操作でご利用可能

CloudExaは、運用環境をWindowsアプリケーションで、ご提供します。
配信管理アプリケーション(CMS)をWindowsPCにインストールして、CloudExaサーバにログインすることで、デジタルサイネージ運用に必要な様々な機能をご利用いただけます。

ログインアカウントは利用者(企業)単位で発行されますので、インターネットへの接続環境さえあれば、どこからでもログインして操作することが可能です。
CMSを利用するPCを変更したり、操作するロケーションが変わっても問題ありません。

コンテンツデータやスケジュールデータは、すべてCloudExaサーバ上に保存されていますので、CMSを使用するPCのストレージ容量を圧迫することはありません。
また、CMSのインストールは端末数の制限を設けていませんので、放映ロケーションごとや作業フローなどで担当者を分けた運用をすることも可能です。

番組の編成・スケジュール作成が、直感的な操作で行えます。

CloudExa(クラウドエクサ)は、配信管理アプリケーション(CMS)を利用して、簡単に番組編成やスケジュール作成が行えるデジタルサイネージシステムです。
CMSは、多くの操作にマウス操作のみで完了できる機能を実装しているため、クリックやドラッグ&ドロップ操作で素早く簡単に作業することができます。

  • 操作フロー

※画像は、Full Editionの場合の操作フローになります

効率的な自動配信が行われます。

放映端末(STB)への配信操作は難しくありません。各端末に放映したいスケジュールを割り当てておくだけで、必要な放映データをサーバから自動ダウンロードします。
この配信挙動は放映当日の数日前から行われますので、余裕のある日程でスケジュール更新操作を行うことで、確実に配信を完了させることができます。また、数週間先のスケジュールが設定されていても、放映予定日が近ずいてからダウンロードされる仕組みになっていますので、効率的で無駄の少ない配信挙動になっています。
放映は、放映端末(STB)に保存されたデータを用いて行うため、事前の配信が完了できてさえいれば、ネットワーク回線の影響を受けずに、安定した連続放映が可能です。

放映端末の稼働状態を、ひと目で確認できます。

放映端末(STB)の稼働状態は、色分けにて確認できますので、ひと目で正常稼働しているかを判断できます。また、放映端末(STB)から通信ログ・放映ログが自動送信されますので、より詳細な状況確認も可能です。

  • Food & Restraurants
  • Food & Restraurants

※画像は、Full Editionの画面になります

導入後も随時最新バージョンをご提供

常に最新のデジタルサイネージサービス環境をご提供できるよう、配信管理アプリケーション(CMS)の継続した開発を行っております。
バージョンアップの実施時は、CMSを起動する際に自動的にアップデートされますので、バージョンアップに伴う特別な作業は一切ありません。

ご活用例

簡単な操作で、どなたでもデジタルサイネージ導入が可能です。
CloudExa(クラウドエクサ)は、様々な場面でご活用いただいております。

飲食チェーン店舗のイメージ

飲食チェーン店舗

  • 朝・昼・晩のセットメニューコンテンツの自動切り替えによる販売促進。
  • 新メニューの限定配信によりテストマーケティングを実施の上、告知映像を一斉配信。
アパレルチェーン店舗のイメージ

アパレルチェーン店舗

  • イメージ映像によるブランド訴求。
  • 販売促進はテナントとして入っている施設ごとに異なるため、施設に合わせたキャンペーン連動映像をタイムリーに放映。
商業施設のイメージ

商業施設

  • 施設内のデジタルサイネージを一元管理。
  • 各フロアや区画ごとに異なる放映内容を定期的に更新。
  • 複数の施設を総合的に管理することも可能。
一般企業内のイメージ

一般企業内

  • 本社・支社(工場など)間の情報共有ツールとして利用。
  • 期限付きの連絡事項や業績案内等を電子化することで、掲載漏れを防止。
  • 来客向けの案内板としても活用可能。
お電話でのお問い合わせはこちら 東京03-5468-0700 大阪06-7711-3588 お問い合わせフォーム
pagetop