winter rise 2019|ブログ|クラウドポイント

ブログ

Blog

winter rise 2019

2019.12

クラウドポイントは、2019年11月2日(土)~2019年12月25日(水)開催、
【winter rise 2019】ELECTRIC MOON Xmas(エレクトリックムーンクリスマス)において、
音楽に合わせた光の演出を担当させていただきました。【2019年11月28日(木)取材】


◆ コミュニケーションディレクター森本千絵氏が手掛ける、あたたかくて、ちょっと懐かしいオリジナルなクリスマス
コミュニケーションディレクター・アートディレクターとして幅広く活躍する森本千絵さん全面プロデュースのもと、
「ELECTRIC MOON Xmas」をテーマに、地球の外側からみたクリスマスを表現しています。
ELECTRIC MOON XMAS
ガレリアに設置された高さ12mの宙高く伸びるクリスマスツリー。惑星やロケット、靴下を握りしめた宇宙飛行士、
ヘルメットを被ったサンタクロース等、オリジナルな世界観で演出されています。また、ツリーの隣にはUFOが登場し、
たくさんの人が写真を撮っている様子が印象的でした。
UFO2

◆ 完全オリジナル楽曲『Luminous for Electric Xmas』に合わせた光と音の演出
アーティストの関口シンゴさんと坂本美雨さんが手掛ける完全オリジナルの楽曲に合わせ、クリスマスツリーが
光の演出に包まれます。16:00~25:00(最終日12月25日は21:00)間、15分に一度演出が始まります。
IMG_0661_上から全体
「シャンシャン」という鈴の音に合わせてツリー全体が光ったり、楽曲のサビに向けて光が下から上へと流れる様子は、
クリスマスが近づく高揚感を表現しているようでした。
5分間の演出があっという間に感じる程、素敵な演出でした。

◆ 同時開催 ウィンターイルミネーション
二子玉川ライズ全体で展開されているイルミネーションは、2020年3月1日(日)まで同時開催されています。
「ELECTRIC MOON Xmas」の世界観を取り入れ、所々にワクワクする仕掛けを見つけることができます。
イルミネーション
イルミネーション_流れ星
建物を繋ぐLED球。光が建物から建物へと流れる演出は、”流れ星”を表現しています。この演出にはトキメキました。
当日はあいにくの雨でしたが、水たまりに光が反射し、一層煌びやかに見えました。

さらに、ガレリア・中央広場からテラスマーケットに続く階段には、サンタクロースが現れます。
テラスマーケット階段
二子玉川ライズ全体で一つのストーリーを作り上げ、施設内を回遊したくなるような演出の数々は、
訪れる人々の心を躍らせます。

 

アートと光と音でつくる、二子玉川ライズのクリスマス。
ぜひ一度、足を運んでいただきたいです。

  お問い合わせフォーム
  0120-938-145
×
  お問い合わせフォーム
  0120-938-145

PAGE TOP